2016年01月29日

FINELのホーロー両手鍋




DSC_0427_R.JPG


DSC_0432_R.JPG





フィンランドのメーカー、フィネル社のホーロー両手鍋のご紹介です。
セッポ・マッラト(Seppo Mallat)により 1969年にデザインされたヴィンテージもの。


シンプルでぬくもりがあり、あたたかいカラーの組み合わせが人気のひとつ。


まだまだ寒いこの季節。
2.3人でちょっぴり鍋をしたら心も体も温まりますね。

FINELの色はとても元気にしてくれます!

毎日のご飯作りも楽しくなること間違いなし!



DSC_0415_R.JPG

赤と黒の組み合わせが素敵です。


DSC_0425_R.JPG


DSC_0424_R.JPG

蓋の裏にはFINELの文字が。



DSC_0423_R.JPG

ふたは料理を作る時などの一時的な受け皿としても使えます。
穴が開いているので、水気も切れますね。





DSC_0429_R.JPG


とっての華奢なデザインに魅かれます。


DSC_0430_R.JPG


DSC_0431_R.JPG



DSC_0438_R.JPG


小さいお鍋の蓋には穴があいています。







FINEL(フィネル)社は1960年代にホーローのキッチンアイテムのメーカーで、、
ARABIA(アラビア)社のグループ会社でもありました。
社名の由来は「フィンランド」と、「エナメル」をかけた造語だとか。

北欧を代表する著名デザイナー達がデザインした
色鮮やかなケトル、ポット、鍋などは数十年経た今でも多くの北欧ファンに愛され支持されています。


ビンテージの為小キズ等ありますが、
まだまだ現役で使えるキッチンアイテムですよ!



生産国:フィンランド
メーカー:FINEL(アラビア/ARABIA)
デザイン:Seppo Mallat



==============================

AXCIS CLASSIC
岡山市北区田中134-105
Tel.086-250-0890  Fax.086-250-0955
OPEN 10:00 / CLOSE 19:00
定休日:水曜日

◆AXCIS CLASSICのfacebookページはコチラから
◆となりにあるaxcis nalf のfacebookページはコチラから

◆インスタグラムのページはこちらから
〜AXCIS CLASSIC〜
永く、丈夫で、シンプル。
日常使いできて生活にとけこむもの、使いやすいもの、
ベーシックなデザインのロングライフプロダクトを集めたお店です。
国内外よりインテリア雑貨や住宅パーツ、アンティーク品をセレクトし、
暮らしの原点を気づかされる物、空間を提案いたします。
ガーデン施工も承ります。
posted by アクシスクラシック at 18:41| Comment(0) | アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

ロイヤルコペンハーゲン BACAのスクエアトレイ




01181144_569c517d392c1.jpg



01181141_569c50c210853.jpg



ロイヤルコペンハーゲンのBACAシリーズ・スクエアトレイが入荷しています。

BACAシリーズは1965年頃から製作が始まり、
ニルス・トーソンを中心とする4人の
男性作家(エレン・マルマー、ジョアンヌ・ゲヴァー、マジョリー・フィシング)で作品化されました。


大人っぽい落ち着いた雰囲気の色づかいですが、大胆なデザインで存在感のある作品です。
素焼きと釉薬のグラデーションが魅力のひとつ。
また、ハンドペイントによるデコレーションが特徴です。


温かみがあり、実際に使っても飾っても素敵ですよ。


01181136_569c4fc12cae5.jpg


01181141_569c50e23cd96.jpg


01181143_569c51578f958.jpg


01181144_569c51a43cc9e.jpg




オンラインショップはコチラから↓
ROYAL COPENHAGEN








ニルス・トーソン
1898年、スウェーデン生まれ。
14歳でRoyal Copenhagen (Aluminia)に奉公。
また、1925年王立アカデミーを卒業後、自分自身のスタジオも設立。
デンマーク伝統の様式からモダニズムまで幅広く取り入れた独自の手法で約60年もの間、Royal Copenhagenのトップアーティストとして活躍し続けた。



ロイヤル・コペンハーゲン
1773年、フランツ・ヘンリック・ミュラーがデンマークで初の硬質磁器を完成させる。
1775年にクリスチャン7世国王とユリアナ・マリア王太后の援助によって「ロイヤルコペンハーゲン」王室御用達窯となった。
さらに1779年、ユリアナ・マリア王太后がマイセンより技術者を集め、民間企業だったこの窯は王室が株を買い占め、王立デンマーク磁器製陶所となった。
1868年、王室はロイヤルの称号を残すことを条件に、窯の株式を大商人のブラックに売却し、民間企業となって現在に続く。
絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられている。



==============================

AXCIS CLASSIC
岡山市北区田中134-105
Tel.086-250-0890  Fax.086-250-0955
OPEN 10:00 / CLOSE 19:00
定休日:水曜日

◆AXCIS CLASSICのfacebookページはコチラから
◆となりにあるaxcis nalf のfacebookページはコチラから

◆インスタグラムのページはこちらから
〜AXCIS CLASSIC〜
永く、丈夫で、シンプル。
日常使いできて生活にとけこむもの、使いやすいもの、
ベーシックなデザインのロングライフプロダクトを集めたお店です。
国内外よりインテリア雑貨や住宅パーツ、アンティーク品をセレクトし、
暮らしの原点を気づかされる物、空間を提案いたします。
ガーデン施工も承ります。
posted by アクシスクラシック at 16:35| Comment(0) | アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

セブンチェア




DSC_0234_R.JPG



ビンテージのセブンチェアのご紹介です。




1955年、アルネヤコブセンが発表したセブンチェア。
北欧だけでなく世界を代表するベストセラーとなったセブンチェアの人気は、
半世紀以上たった今も健在です。
セブンチェアをご存知の方も多いのではないかと。



1952年に発表されたアントチェアの後継として、
1955年にシェルの幅を広げるなどの改良を行うことで
座り心地もアップさせたセブンチェアが誕生しました。



DSC_0238_R.JPG



DSC_0239_R.JPG



ラミネート加工技術の集大成ともいえるセブンチェアは、
7枚の薄板と2枚の仕上げ板の積層合板からなる構造です。

体のラインに沿って、背もたれが自然としなり、想像以上のやわらかさ。
座面はおしりをすっぽり包みこむように、ゆるやかにカーブしています。



クラシックにはビンテージのセブンチェアを4脚ストックしております。
ビンテージの為、キズや擦れがそれぞれありますが、どれも実用的にお使いいただけます。


スタッキングできるのもセブンチェアのいいところ。



DSC_0235_R.JPG




ぜひお店で実際に座ってみてくださいね。




DSC_0251_R.JPG











Arne Jacobsen:アルネ・ヤコブセン
1902年〜1971年。デンマーク・コペンハーゲン生まれ。
デンマーク王立芸術アカデミーでデザイン建築を学び、1930年に自身の建築設計事務所を設立。
機能主義を掲げた数多くの建築を手掛ける。
また内装や家具、ファブリックから食器に至るまでトータルデザインすることも多数あった。
建築、家具デザイン双方の歴史に名を残す、北欧を代表する偉大なデザイナー。






==============================

AXCIS CLASSIC
岡山市北区田中134-105
Tel.086-250-0890  Fax.086-250-0955
OPEN 10:00 / CLOSE 19:00
定休日:水曜日

◆AXCIS CLASSICのfacebookページはコチラから
◆となりにあるaxcis nalf のfacebookページはコチラから

◆インスタグラムのページはこちらから
〜AXCIS CLASSIC〜
永く、丈夫で、シンプル。
日常使いできて生活にとけこむもの、使いやすいもの、
ベーシックなデザインのロングライフプロダクトを集めたお店です。
国内外よりインテリア雑貨や住宅パーツ、アンティーク品をセレクトし、
暮らしの原点を気づかされる物、空間を提案いたします。
ガーデン施工も承ります。
posted by アクシスクラシック at 18:14| Comment(0) | アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする